会計事務所のM&Aは譲渡側と譲受側の双方にメリットがあります

2018年08月16日

M&Aが成立した場合、事務所の代表者が変わるのであって事務所に関係のある有形・無形の資産(ノウハウ・職員・顧問先も含まれる)は原則そのまま引き継がれます。つまり『譲渡側(売り手)のメリットは職員や顧問先に迷惑をかけることなく営業権の売買益を得られる』だけでなく『職員には将来への安心感』を『顧問先にはこれまでとは異なるノウハウや新たなサービスの提供を行うことが可能』になります。また譲渡した後も先生が一定期間事務所に残るケースが殆どですのでこれまでのケースではお客様は安心して顧問契約を継続されています。

会計事務所事務所譲渡のご相談は
会計事務所専門にM&A仲介サービスをご提供しているオリコンタービレにお任せください。

オリコンタービレM&Aサポートダイヤル
03-3490-8377(受付時間 平日9:00~17:00)

メールでのお問い合わせはこちら


会計事務所のM&Aは業界に特化した
オリコンタービレにご相談ください

M&Aサポートダイヤル

受付時間 9:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝日及び弊社休業日を除く)

譲渡に関する無料相談はこちら

オリコンタービレグループサイト

TOP